奈良原一高氏逝去

2020/01/21 19:53
東京都写真美術館で開催されている「山沢栄子 私の現代」展の評をみるために訪問した美術手帖で奈良原一高さんが1月19日に亡くなったことをしった。 奈良原一高が逝去。「人間の土地」や「王国」で大きな足跡残す その端正な構成の写真、みると感心するといった言葉以外はでてこない。 もちろん、被写体の状況をおいての鑑賞は不十分なものだということはしってはいるが、このような鑑賞法をいまさら変えることは多分ないだろう。

続きを読む

ドナルド・キーンの死

2019/02/24 12:25
ドナルド・キーンさんが毎日新聞の報によると24日に亡くなったとのことだ。 安部公房原作勅使河原宏監督の映画『落とし穴』の鑑賞会のあとのミーティングでお話をしている姿をみた思い出がある。流暢な日本語で公房のことを語っていたということしか覚えていない。 当日会場にいて挨拶をした公房の長女のねりさんも昨年亡くなったということで、時の流れははやいということしかいえない。 キーンさんは日本文学の紹介に大きく貢献されたといえるが、昨今の日本文学の状況をどう捉えていたかをしり..

続きを読む

橋本治は“悲観のすすめ”を説いた

2019/02/04 20:11
橋本治が1月29日に亡くなったとのことで、「喪主は母、美代子さん」と読売新聞は伝える。 追悼・橋本治さん「女子高生の口調で真っ当な小説を書こうと思った」 (2/2) 〈AERA〉によると「昨年6月に上顎洞がんの手術のために入院」ということだが、直接の死因は肺炎。 「桃尻娘」を多分よんだと思うが、仔細は覚えていない。 なぜ今、“悲観のすすめ”なのか――橋本治に訊く(5)|橋本治ロングインタビュー - 幻冬舎plusを読む。古典の知識に裏付けられたと思われるものいい..

続きを読む

栗城史多さんの死

2018/05/22 07:10
栗城さんが亡くなったとのことだ。 AbemaTV 将棋チャンネルをみているとき、登頂の中継を行うというCMをみて、まだやっているのだな、スポンサーが途切れることなくついているのだなと感心したものだ。 無謀なことをいつまでやるのだろうという率直な感想だった。下山家栗城史多の新たな冒険の映像をみようとはおもわなかった。 ニュースでは本格的な中継が始まる前に撤退をはじめその途中での死みたいだ。エベレストはいくつかルートがあり難しいのは本当に難しいようだ。まして無酸素で..

続きを読む

高崎元尚先生死去

2017/06/26 10:03
高崎先生が6月22日に94歳でお亡くなったとのこと、哀悼の意を意を表します。 というより、本当に悲しくなります。 自由に表現することの大切さを教えてくれ、とらわれることのないことの大切さを教えていただきました。 高知県立美術館で高﨑元尚新作展 ―破壊 COLLAPSE―が開催されている。 この破壊シリーズはみたことはなかった。

続きを読む

大岡信の死

2017/04/06 07:48
昨日、テレビをみていた妻がいう。 「大岡さんってまだ生きていたの?」 そう最近はその文筆をあまりみなくなったのも確かだ。 朝日新聞の追悼の記事と天声人語 ・「現代の万葉集」詩歌を一般に返した 大岡信さん悼む声 ・(天声人語)折々の詩人の旅立ち 学研の学年毎に発行されている雑誌の詩の投稿の選者を大岡さんがやられていて、偶々だした萩原朔太郎もどきの詩が選ばれたことを覚えている。 そのことより、勝手に師と思っていたが、その後、特に詩をつくることに精進したわ..

続きを読む

もっと見る