滋賀医科大の中間リスクに対する小線源治療の論文 その2

2020/06/01 07:56
滋賀医科大の中間リスクに対する小線源治療の論文で滋賀医大(元)の岡本圭生氏の中間リスクに関する論文について書いた。そのなかで、「高用量シード移植技術に関する詳細なレポート」は準備中だと書かれていた。改めて検索してみたが見出すことはできなかった。投稿済みで発行を待つ段階かもしれない。以後、定期的に検索しようと思う。 改めて上記論文のfull textをみてみた。こう書かれている。現在、unfavorable intermediate-risk (UIR)症例を含む中リスク..

続きを読む

NCCNガイドライン 中間リスクに対する放射線治療

2020/05/28 08:16
予後良好な中間リスクでNCCNガイドラインの中間リスクが予後良好、予後不良と細分化されたことを書いた。 外照射に関して予後良好な中間リスクに関して治療法を記述した。放射線治療(外照射及び小線源)についてもう少し詳しく書いてみる。治療法に関しては前立腺がんの日本語版と最新版は違わないので日本語版を参照する。 期待余命10年以上と10年未満に分けて書かれているが10年以上について以下記す。 予後良好な中間リスク  外照射または小線源単独 予後不良な中間リスク..

続きを読む

MSKCCの予測ツールを再度使用し

2020/05/19 19:45
私はいままで掲示板に治療法の選択に迷っている人がいたときに、自身の状況認識の一助ということで、ブログ記事、転移している? ..MSKCCの予測ツールを使うを紹介しツールの使用を勧めてきた。昨日の投稿でもリンクした。 ということで、久々に使ってみた。更新されていることはしっていたのでどのような値になるかちょっと楽しみだった。 私のデータは以下のとおり。年齢:64 PSA:8.22 GS(primary):3 GS(secondary):4 病期:T2aN0M..

続きを読む

予後良好な中間リスク

2020/05/18 11:26
NCCNガイドライン 前立腺癌 2018年版 第4版(日本語訳)のPROS-2にリスク分類の表が載っている。予後良好な中間リスク、予後不良な中間リスクの臨床的/病理学的所見の説明がされているがその違いがよく分からない。 このことは随分前から気になっていたが原文を確認することなく放置していた。 今回、NCCNガイドラインンの最新版 Version 1.2020-March 16,2020 をユーザ登録してダウンロードしてみてみた。 PROS-2にまず中間リスクの定..

続きを読む

PSAバウンスは好ましい予後因子....奈良医科大中井靖氏の論文

2020/05/11 13:59
PSAバウンスに関しては小線源治療におけるPSAバウンスでPSAバウンスが好ましい予後因子であることをいっている津村秀康氏の論文を紹介した。 先日、どのような検索語だったか不明であるが奈良県立医科大学泌尿器科の中井靖氏を筆頭著者とする論文、Jpn J Clin Oncol.2020 Jan 24;50(1):58-65をみいだした。 表題は"Prostate-specific Antigen Bounce After 125I-brachytherapy for ..

続きを読む

ホルモン治療はCOVID-19の感染リスク、重症化を軽減?

2020/05/08 10:52
男性ホルモンが関与か 新型コロナ感染、症状悪化―前立腺がん患者調査・イタリア:時事ドットコムという記事を読む。 検索し、参照した論文が以下のものであることがわかった。 ・Androgen-deprivation therapies for prostate cancer and risk of infection by SARS-CoV-2: a population-based study (n=4532) - Annals of Oncology イタリアの..

続きを読む

もっと見る