滋賀医科大の中間リスクに対する小線源治療の論文

[特別寄稿]黒薮哲哉 : デジタル鹿砦社通信に岡本圭生医師の話としてこう書かれている。
わたしが執筆した中間リスクの前立腺癌に対する小線源治療についての論文が1月に掲載されます。10年間で397例のうち、再発は3例。7年の非再発率は、99.1%です。
Google Scholar で"brachytherapy Okamoto"で検索し、次の論文をみいだした。
Clinical outcomes of low-dose-rate brachytherapy based radiotherapy for intermediate risk prostate cancerfull text
2005年から2016年の間の397人の中間リスクの患者を、小線源単独(177人)、外照射と併用(220人)で治療した結果を報告した論文であり、以下の結果である

3人がPSA再発
7年PSA非再発率 99.1%

full text を熟読し、以前の高リスクの論文でみつけた間違いを探す元気はとても今の私にはない。
MS Edge で翻訳し、ざっと読んでみた。気になったところ以下に記す。

尿路系有害事象についてこう書かれている。
グレード G2
急性期 44人の患者(11.1%)
晩期  48人の患者(12.0%)

高リスクの論文では以下のとおり
急性期 15人の患者(10.4%)
晩期   6人の患者(4.1%)

中間リスクの場合多いのは多分に高線量のせいだろう。

さらに次の文が気になった。
この高用量種子移植技術に関する詳細な報告書は現在別々に準備中である。
いまいち意味がとれないので、原文をみた。
the detailed report on this high dose seed implantation technique is now under preparation separately.
Google Chromeでの翻訳を示す。
この高用量シード移植技術に関する詳細なレポートは、現在個別に準備中です。
やはりGoogle翻訳のほうが優秀である。Edge を全面的に使うのはちと難しいという状況か。

いずれにしろこの予告されている論文が発表されたら、黒薮哲哉『名医の追放─滋賀医科大病院事件の記録─』に書かれている教授に「論文も出せていないのに、偉そうなことを言うな」というパワハラともいう言葉に対する5年過ぎての反駁となるだろう。

Chromium ベースの Microsoft Edge は快適だ

自動配布延期になったMicrosoftの新「エッジ」、手動DLでインストールしてみた | ハーバー・ビジネス・オンラインを読み、Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードするを訪問し、Microsoft Edge をインストールした。

少しページの表示がはやいようだ。youtube の音もよくなったようだ。(錯覚かな)
さらにいいのは Google Chrome を起動しなくてもページ全体の翻訳ができることだ。
アンチMS だったのは昔のことでこうなるとEdgeを常用してもいいかもと思ってしまう。

……参考
MSのブラウザー「Edge」が刷新されても、かくして「IE」は生き残る|WIRED.jp

山沢栄子 展

art
山沢栄子 私の現代 展を観に東京都写真美術館に先週土曜日(25日)にでかけた。

最初のコーナー 「第1章 私の現代」には身近なものを対象とした抽象作品が展示されていた。ただ、対象がなになのか定かではない。
これらの作品がもっとも観たかったもので、それなりに満足した。
一等気にいったのは"What I Am Doing No.64"だ。白黒の作品で、三角の黒はなぜか私の心をうつ。

この第1章に至る遡っての展示である。以前の写真にも抽象を志向するものもみうけた。

写真はものをそのまま写すものではなく写す人の意図を映すものであることは当然のことである。ただ、それが現実のなにを映しとったものかわからないのは少しもどかしく思うのはどうしようもない。

奈良原一高氏逝去

東京都写真美術館で開催されている「山沢栄子 私の現代」展の評をみるために訪問した美術手帖で奈良原一高さんが1月19日に亡くなったことをしった。
奈良原一高が逝去。「人間の土地」や「王国」で大きな足跡残す

その端正な構成の写真、みると感心するといった言葉以外はでてこない。
もちろん、被写体の状況をおいての鑑賞は不十分なものだということはしってはいるが、このような鑑賞法をいまさら変えることは多分ないだろう。