外照射とホルモン治療の併用について

思い出話骨シンチ、MRI検査の前に生検の結果よりがんであることは分かっていて治療法を考える時間は与えられていた。2014年4月下旬、前立腺がんであることを最終的に宣告された。(浸潤、骨転移はなし) 治療に関してはIMRT治療を希望することを主治医に伝えた。ただ、放射線治療装置の空き具合で治療は6ヵ月後ということだった。 私は当時、そう知識もなく、その間何の治療もないかと動転してきいた。 …

続きを読む

『もっと知ってほしい前立腺がんのこと』

冊子 | NPO法人キャンサーネットジャパンよりリンクされている【2018年改訂】もっと知ってほしい前立腺がんのこと | NPO法人キャンサーネットジャパン、PDFを読む。監修は順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学 教授 堀江 重郎氏である。 「自分の病気を理解するために、担当医に質問してみましょう」という表題で書かれている医師への質問事項は網羅されていて参考になる。 「前立腺が…

続きを読む

中国の下請けのアニメ制作

「日本人なら中国人の3分の1で済む」アニメ制作で進む"日中逆転"の深刻さ 日本が中国の下請けになっている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)を読む。 いまや日本、クール ジャパンはアニメ大国でないことを下請けとなっていることで示している記事である。 これは日本においてアニメ制作者が低賃金のまま推移した現在の姿を如実に示しているにすぎない。 …

続きを読む

泌尿器科医と放射線科医の関係

前立腺がん患者が最初に診察を受けるのは泌尿器科医であり、泌尿器科は外科であるからか治療法として第一に手術を奨められることが多いかと思う。 私の場合は生検で重篤な敗血症になったこともあり、泌尿器科の主治医は一に外照射による治療を勧めた。 JASTROのNewsletter(抜粋記事)に載った がん研有明病院 泌尿器科の米瀬淳二 (よねせ・じゅんじ)医師の記述はなかなか興味深いものだった…

続きを読む

田中邦衛の死

田中邦衛が、3月24日、老衰のため亡くなったという報道をよみ、確か公房の演劇に出演していたと思い、Wikipediaで確認した。 愛の眼鏡は色ガラス(1973年、西武劇場オープニング記念公演・安部公房スタジオ公演) 上京(広い意味での首都圏)した年のことだ。パルコはピカピカとしていた。 公房スタジオの役者のなかでは商業演劇の彼の姿は少し浮いていた印象ではあった。ただ、例の口調が封印されてい…

続きを読む