日本のCOVID-19 患者数はどうなるか

世界でも珍しく極力、重症者及びクラスター潰しの接触者、外国から入国の人以外はPCR検査をしないという方式でなだらかな増加でぎりぎり持ちこたえているという根拠ない評価をしている日本は今後どうなるだろうか。指数関数的に増加ということは検査を増加しない限りありえないかと思うが、徐々に重症者含め増加となるでしょう。

「感染拡大はかろうじて食い止められています。感染爆発の予兆がありますので緊急事態宣言をします。不要不急の外出禁止です」ということになるのでしょうか。
「検査拡大したところ感染は広がってます。感染爆発を防止するため、緊急事態宣言をします。不要不急の外出禁止です」ということのほうがよっぽど説得力があると思う。

日本が独自で要請を守り感染の拡大が防がれているというのは迷妄だ。
症状が軽く、検査を受けなかったことで出歩き、接触し、感染を広げ、市中感染が広がっていると考えるのが合理的な考えだ。
日本人すごい、神州不滅だと思うのは勝手だが、新型コロナウイルスは日本人だという認識はしない。忖度も無しだ。

note の興味ある記事、新型コロナウイルスによる医療崩壊と日本の陽性者数の推移についてを読んだ。以下の指摘はもっともなものだ。
感染者の増加速度そのものが遅くならなければ、検査を重症者に限ったところで、せいぜい数週間の時間稼ぎにしかならず、病院が溢れて重症者や死亡者が急増するという結末が変わらない
さらに次の指摘は私は考えていなかったことだ。
重症者数は、軽症者の推移よりも遅延して反応します。死亡者数は、重症者数の推移より更に遅延して反応します。つまり、軽症者を検査せずに重症者数や死亡者数だけ見るという方針は、ただでさえ感染から陽性確定まで早くて2週間ほどかかるタイムラグを、更に長くすることを意味します。
さらにこう言いきっている。
検査を重症者に絞るという作戦は、感染拡大初期には目の前の患者数を少なく抑えるのに役立ちますが、急速な感染拡大を警戒しなければならない疾患では危険です。
ただし、「民間の相互監視と同調圧力で何とかしよう」としか思えない日本方式が勝利する可能性はゼロではない。

B29に向かい、なんとか火を止めようとした逃げない日本人がいたのは事実だが、その結果はどうなったかはいうまでもない。

当初、検査を積極的に実施しなかった米国は物量作戦でコロナウイルスに向かっている。
さてさて、4月以降はどうなるだろうか。奇跡はおきるか。

この記事へのコメント