奈良原一高氏逝去

東京都写真美術館で開催されている「山沢栄子 私の現代」展の評をみるために訪問した美術手帖で奈良原一高さんが1月19日に亡くなったことをしった。
奈良原一高が逝去。「人間の土地」や「王国」で大きな足跡残す

その端正な構成の写真、みると感心するといった言葉以外はでてこない。
もちろん、被写体の状況をおいての鑑賞は不十分なものだということはしってはいるが、このような鑑賞法をいまさら変えることは多分ないだろう。

この記事へのコメント