「コーヒーもう一杯」で死亡リスク減

「コーヒーもう一杯」で死亡リスク数%減 欧州調査|ヘルスUP|NIKKEI STYLEという記事を読んだ。
論文、Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):236-247.を元にした記事であり、 EPIC (European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition) に登録されたヨーロッパ10カ国の521,330人が対象のコホート研究である。次のような結果がでたということだ。
死亡とコーヒー摂取量との関係を分析したところ、コーヒーを全く飲まない人々に比べ、コーヒーを最も多く飲む人々の、あらゆる原因による死亡(総死亡)のリスクは、男性で12%、女性では7%低下していました。
論文のabstract のConclusion には以下のように書かれている。
Coffee drinking was associated with reduced risk for death from various causes. This relationship did not vary by country.
Google翻訳
コーヒー飲料は、さまざまな原因による死亡リスクの低下と関連していました。 この関係は国によって異なりませんでした。
コーヒーを毎朝1杯かかすことなく飲んでいるものとしては心強い研究結果ではある。ただ、もう一杯という気には最近はあまりならない。それは現役のときとは異なり、睡眠は十分足りており、眠気覚ましが必要ないからだ。

掲載された医学誌Annals of Internal Medicineアナルズ・オブ・インターナル・メディシン - Wikipediaによるとインパクトファクターは高く、これより高いものはThe Journal of the American Medical AssociationThe LancetThe New England Journal of Medicineだけということだ。

この記事へのコメント