喧嘩のやり方を知っているほうが勝つ

滋賀医科大事件に関してはいろいろ書いてきた。継続して書いているジャーナリストについて整理してみる。 ・朝日新聞 出河雅彦 ・《滋賀医科大学附属病院問題》 : デジタル鹿砦社通信 田所敏夫、黒薮哲哉 ・メディア黒書 滋賀医科大病院事件に関連する記事 黒薮哲哉 まだ事件は終わったわけではないので、今後上記を定期的にフォローしていこう。いずれにしろ患者会及び岡本医師サイドに立った記事で…

続きを読む

「メディア黒書」の記事

滋賀事件に関しては継続的に患者側、岡本医師を擁護する立場で田所敏夫氏がデジタル鹿砦社通信 に継続的に書いている。 とはいっても私が仮処分の申し立ては却下で書いた最初の岡本医師の仮処分申し立ての裁判所の決定についての記述はない。さらに患者と岡本医師の申し立てについても2019年5月21日の記事で以下のように書いていて患者側の申し立ての結果の詳細については書いていない。岡本医師の申立てははほぼすべ…

続きを読む

『キョウイク』と『キョウヨウ』がない

中流サラリーマンが“貧困老人”に…お金だけではない孤独問題 | 日刊SPA! という記事を読む。 こう書かれている。「高齢者には『キョウイク』と『キョウヨウ』がない」といわれる。「今日行くところ」「今日の用事」がないという意味だ。私が腺友ネット:掲示板に頻繁に書きこんでいるのは今日の用事がない状態を避けるためだろうか。最近の投稿は自身の投稿の引用が多く、なんとなくループしている感じだ。 …

続きを読む

撮影会での写真

2018年の私の3大ニュースで去年受講した「デジタルカメラ 講座」について書いた。ここ最近の投稿で添付した写真はこの講座での撮影会で撮ったものだ。そこで、今までブログに添付した撮影会での写真といちどきにみたいと思った。 撮影は講座が開催された建物内部と外は敷地内だった。不審者と間違えられないためかあるいはやみくもの撮影が疑問視されないように「デジタルカメラ 講座」受講者というネームプレートをつ…

続きを読む

仮処分の申し立ては却下

豊島棋聖敗北の日にの最後にしが事件に関連してこう書いた。裁判ざたの件に関してなんか書くのは無益という気持ちが強くなった。とはいっても同じ記事に書いた以下の推測は当たったので気を取り直し書いていこう。最初の岡本医師の申し立てが認められたという報道はなく、多分却下だろう。コメントの名誉毀損は却下、治療妨害の禁止をめぐる係争は本訴へ、滋賀医科大の小線源治療をめぐる事件 | MEDIA KOKUSYOに…

続きを読む