医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

厚労省:医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ - 毎日新聞 2017年11月29日という記事を読んだ。 「今年6月成立の改正医療法で、ウェブサイトも広告に位置づけられ、虚偽や誇大広告などが禁止され」、「省令で体験談も禁止事項に加えること」になったとのことだ。さらに次のように書かれている。治療効果は患者ごとに異なる上、主観が加わるため、サイトを見た人を誤解させる恐れがあると判断した。一方…

続きを読む

アレックス・カー『犬と鬼 -知られざる日本の肖像-』

アレックス・カー『犬と鬼 -知られざる日本の肖像-』講談社を読む。 痛烈な本である。 2002年4月に初版が発行されてものであるが、現在、彼の指摘している日本の状況は何らよくなってはいない。システムは強固であり、その隠されたものが昨今は目の前にでてくるようになったといえる。 例えば、P.111に書かれている次の文。臨床心理学者の河合隼雄は、「日本では、嘘が集団のためになると思っている限…

続きを読む

滋賀医科大 岡本圭生氏の論文 その3

滋賀医科大 岡本圭生氏の論文及び滋賀医科大 岡本圭生氏の論文 その2で岡本圭生氏を筆頭著者とする論文、J Contemp Brachytherapy. 2017 Feb;9(1):1-6. であわせて3つ間違いがあることを指摘した。 今回新たな間違いを見出したのでそのことと関連することを書く。 間違いはfull textの以下の部分である。間違いの文 None of the patie…

続きを読む

David Byrne - Psycho Killer

月曜の朝からDavid Byrne - Psycho Killerをみる。 動画の説明には"wearing a skinless human suit" と書かれていてうかびあがる骨は不気味ではあるが、少し可笑しいものだ。骨となってもなお踊り歌う。歌詞の以下の部分は多弁な述懐は何も意味を伝えることはなく、そうとしりながら続けることの無意味さとそれでもなおという決意の強さを示す。You're…

続きを読む

有害事象

放射線治療後、その副作用の事象を確認するのにリアルタイムによる辺縁配置法 & EBRT併用療法の最終ページの表GU,GI Late toxicity score CTC-AE ver.4 を参照していた。 toxicity (毒性)は以下9つがあげられている。 頻尿、尿意切迫、尿失禁、尿路痛、血尿、直腸出血、直腸潰瘍、直腸痛、直腸炎 私は頻尿、尿意切迫、尿路痛、直腸出血 があり、G…

続きを読む