日本のCOVIT-19 患者数はどうなるか

世界でも珍しく極力、重症者及びクラスター潰しの接触者、外国から入国の人以外はPCR検査をしないという方式でなだらかな増加でぎりぎり持ちこたえているという根拠ない評価をしている日本は今後どうなるだろうか。指数関数的に増加ということは検査を増加しない限りありえないかと思うが、徐々に重症者含め増加となるでしょう。

「感染拡大はかろうじて食い止められています。感染爆発の予兆がありますので緊急事態宣言をします。不要不急の外出禁止です」ということになるのでしょうか。
「検査拡大したところ感染は広がってます。感染爆発を防止するため、緊急事態宣言をします。不要不急の外出禁止です」ということのほうがよっぽど説得力があると思う。

日本が独自で要請を守り感染の拡大が防がれているというのは迷妄だ。
症状が軽く、検査を受けなかったことで出歩き、接触し、感染を広げ、市中感染が広がっていると考えるのが合理的な考えだ。
日本人すごい、神州不滅だと思うのは勝手だが、新型コロナウイルスは日本人だという認識はしない。忖度も無しだ。

note の興味ある記事、新型コロナウイルスによる医療崩壊と日本の陽性者数の推移についてを読んだ。以下の指摘はもっともなものだ。
感染者の増加速度そのものが遅くならなければ、検査を重症者に限ったところで、せいぜい数週間の時間稼ぎにしかならず、病院が溢れて重症者や死亡者が急増するという結末が変わらない
さらに次の指摘は私は考えていなかったことだ。
重症者数は、軽症者の推移よりも遅延して反応します。死亡者数は、重症者数の推移より更に遅延して反応します。つまり、軽症者を検査せずに重症者数や死亡者数だけ見るという方針は、ただでさえ感染から陽性確定まで早くて2週間ほどかかるタイムラグを、更に長くすることを意味します。
さらにこう言いきっています。
検査を重症者に絞るという作戦は、感染拡大初期には目の前の患者数を少なく抑えるのに役立ちますが、急速な感染拡大を警戒しなければならない疾患では危険です。
ただし、「民間の相互監視と同調圧力で何とかしよう」としか思えない日本方式が勝利する可能性はゼロではない。

B29に向かい、なんとか火を止めようとした逃げない日本人がいたのは事実だが、その結果はどうなったかはいうまでもない。

当初、検査を積極的に実施しなかった米国は物量作戦でコロナウイルスに向かっている。
さてさて、4月以降はどうなるだろうか。奇跡はおきるか。

相模原中央病院 高田浩次医師の症例報告

新型コロナウイルス感染症発生による外来診療の制限について | 大切なお知らせ | 慶應義塾大学病院によると「患者1名、看護師2名について感染が確認されたので」「3月28日(土)から当面の間、外来において新規の初診受付を、原則として停止させていただきます。」とのことだ。ただし、味覚・嗅覚障害 看護師2人陽性 慶大病院で新たに3人感染 - FNN.jpプライムオンラインの報道によると「慶応義塾大学病院でも、新たに患者1人と看護師2人の感染が確認されたということで、これまでに感染が確認された4人とあわせて、感染者は7人となった。」とのことだ。新患受付停止状態だけの対処ですむのだろうか。

慶應義塾大学病院のニュースをしり、感染により外来診療が休診となった相模原中央病院のことを思い起こす。
「涙なしに読めない」コロナ論文 専門外の医師「手探りで治療」余儀なく 風評被害も…相模原中央病院(岡田有花) - 個人 - Yahoo!ニュース

病院の2020/03/12のお知らせ及び外来診療・新規入院の再開についてをみると「2月17日より外来診療を休診」していたが、「3 月 3 日より、かかりつけの患者様(再診の患者様)の診療に限定して外来を再開」となり、「3 月 19 日より、感染発生病棟を除く病棟間の転棟および入院患者様の受入れを開始」ということで1カ月以上の休診だったようだ。

岡田有花氏が紹介していた新型コロナウイルス感染症 症例報告|感染症トピックス|日本感染症学会よりリンクされている相模原中央病院 脳神経外科の高田浩次医師の症例報告を読む。
たしかに医学の症例報告としては珍しく序文において泣き言ともとらえられる文を書いている。
当院職員であることだけで世間からは接触を拒まれたり、さらには他病院からは非常勤医師の派遣も断られた。病院機能としては、当該病棟の新規受け入れ中止のみならず、発症者のいない他の二病棟も閉鎖、さらに外来の全面停止など、通常の感染対策では考えられない状況にまで追い込まれた。まさに病院としての機能を喪失する事態になり、医療経済的にもその損失は莫大なものがある。
感染症を忌み嫌う日本人の性がなせることとはいえ、気の毒なことである。

Case 2は71歳男性であり、2月12日に早期胃がんの手術を受けた患者である。2月21日に熱発、せん妄、見当識障害が顕著という症状を呈したとのことだ。やはり、がんはCOVIT-19における重症化のリスク要因だ。人工呼吸器を装着し、タミフル、抗 HIV 薬、 C型肝炎治療とか既存の治療薬を投与し、4 日間で人工呼吸器の離脱に成功したとの報告は専門外であっても患者を助けるために尽力した医師の報告として貴重だ。こう書かれている。
COVID-19 の重症度について、中国 CDC からの72,314 例の検討 3)では、軽症例が全体の 81%であり、全体の死亡率は 2.3%と報告されている。ただし 80歳以上の高齢者では 14.8%と上昇する。当院の 2 症例のように呼吸不全を呈した症例は 5%であり、この場合は実に致死率は 49.0%である 1)。

1)Air, Surface Environmental, and Personal Protective Equipment Contamination by Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) From a Symptomatic Patient
3)Characteristics of and Important Lessons From the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China Summary of a Report of 72 314 Cases From the Chinese Center for Disease Control and Prevention
3)は医学文献検索サービス -メディカルオンラインで概要が紹介されている。

論文中の広範囲の間質影をみて

すりガラスの肺
コロナは増殖する




がん患者はCOVIT-19の重症となるリスク有

新型コロナウイルス感染症に関して併存疾患がある場合はリスクが高いといわれている。
検索して以下のページにたどりつく。
新型コロナウイルス感染症について 重症例となるリスク因子 | 国立がん研究センター 東病院

次のように書かれている。
  • 高齢、併存疾患がある場合が危険
  • がん患者もリスクあり 重症化に注意

60歳以上は重症化や死亡のリスクが高く、特に80歳以上では21.9%の方が亡くなったと中国のデータでは示されています。
併存疾患がない患者で亡くなられた方は1.4%である一方、併存疾患がある場合は、心・血管系疾患13.2%、糖尿病9.2%、高血圧8.4%、慢性呼吸器疾患8.0%と報告されています。やはりがん患者もリスクが高くなっており、7.6%の方が亡くなられたと報告されています。また、小数例の検討(がん患者16例、非がん患者1572例)では、がん患者は重症化の頻度が高く(39%対8%)、悪化までの日数(中央値)が短い(13日対43日)ことが報告されています。
参考文献としてThe Lancet OncologyのCancer patients in SARS-CoV-2 infection: a nationwide analysis in Chinaがあげられていた。
こう書かれている。
がん患者は、悪性腫瘍と化学療法や手術などの抗癌治療によって引き起こされる全身的な免疫抑制状態のため、がんのない人よりも感染しやすい。
とはいっても治療直後の人とは違うと思ったがそのことも明記されていた。4人は過去1か月以内に化学療法または手術を受けていた。12人はがんサバイバーだった。もちろん、直近に治療を受けた人が重症化しやすいということはグラフAからみてとれる。

いずれにしろ私は高リスクであることは間違いはない。

日本のCOVIT-19の患者数増加は韓国を超えた

3月15日の記事、COVIT-19 韓国の状況で「韓国の増加数より大きくなる日が近づいたのだろうか。」と書いた。

あれから10日以上経ち、いよいよ日本の一日の患者増加数が韓国より多くなった。
List | Press Release | News Room : KCDCよりThe updates on COVID-19 in Korea as of 27 Marchをみると一日の増加数は91である。

日本は新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省より新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月27日版) (PDF版)をみると96である。ただし、新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月26日版)をみると累積患者数は1292で27日は1387なので増加は95である。計算ミスかあるいは27日の値が異なるかいずれかであろう。

いずれにしろ日本の患者数の増加が韓国より大きくなったのは間違いない。
ただし、この土日は日本においては検査数が減り、多分に伸びは鈍るだろう。オリンピックが延期となって患者の増加数も韓国より多くなったというのは話としては分かりやすい。

……2020/03/29に追記
3月28日は韓国 146 で日本は 112 なので完全に抜かれる日はなかなか来ないといえる。
……2020/03/30に追記
3月29日は韓国 105 で日本は 194 なので完全に日本の発生数は韓国より上回った。