OMCE 2021 赤倉氏の講演

昨晩、がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts (OMCE)2021JCHO東京新宿メディカルセンター 泌尿器科の赤倉功一郎氏のライブ配信をみた。

昨日は「将棋界の一番長い日」として知られるA級順位戦最終局の日で斎藤慎太郎対佐藤天彦九段の中継がABEMAでされていた。講演が始まる前はまだ本格的な開戦前だったので心置きなく前立腺がんに関する赤倉氏の講演をききはじめた。

ただ、斎藤天彦戦以外の状況もきになり、囲碁将棋TV -朝日新聞社-のyoutube live配信にも接続していた。だいたい、対戦の状況の映像を映しているだけだが、以前ミニ解説があったので今回もそれを期待していた。
音をオフにしていなかったので、ちょうど、以下に書く少数転移の話のところで、突然、豊島竜王広瀬八段戦の状況の説明が始まったので、当然のようにそれを見始めた。
豊島さん勝利ほぼ確定でその結果、斎藤さんの名人挑戦間違いなしとの言葉をきき、朝日のyoutube ライブ配信の視聴を止め、安心して赤倉さんの講演を最後まできいた。

朝、確認すると同じURLでアーカイブが既に公開されていた。一部聞き逃した話は以下のとおり。
https://youtu.be/FbAzPe1phEg?t=1080

転移小数例に対する放射線照射という話で骨転移3個以内の場合、ホルモン治療に放射線治療を加えた場合に生存率がいいということだ。

講演で示されている著者名、医学誌名、年で検索し以下の論文によるものだということがわかった。
JAMA Oncol. 2021 Feb 18. full text

full text のKey PointsのFindingsには次のように書かれている。
ランダム化臨床試験の1939人の参加者のこの探索的分析は、前立腺RT後の生存利益が骨転移数の増加とともに徐々に減少し、最大3つの骨転移のある患者で生存利益が最も顕著であることを示しています。
"benefit from the addition of prostate radiotherapy (RT)"と書かれているので、特に転移部への照射ではなく前立腺への照射のメリットを示した論文である。

論文の表題に"A Secondary Analysis of a Randomized Clinical Trial"と書かれている。この臨床試験はSTAMPEDEであり、サイトでSTAMPEDE at ASCO 2015という記事を書いている。

今朝A級順位戦の結果を確認した。来期、豊島さんはA級での順位は変わらず1位であり、来年は斎藤名人に挑戦し、難なく名人位を奪還してほしい。

ブログ村に参加しています。ランキングのクリック、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

hanar.jpg

Chick Corea - Spain

Chick Corea が亡くなったことをしり、追悼の意味でなにかきこうと思った。今更"Return to Forever" でもないので、youtubeのSpain _ Chick Corea Live in Barcelonaを聴く。

ダンス(フラメンコ?)との共演も楽しく、Hossam Ramzyの演奏する Egyptian percussionも耳に心地いい。
チックの演奏するYAMAHA MOTIF ES8 の音色は軽快で楽しくなる。

facebookのChick Corea The Ultimate Adventure 2007でこのライブの全貌が確認できる。

アルバム"Light as a Feather"に収められている"Spain"を改めて聴く。意図してのスペイン風が爽やかなフルートの音とともに魅力的だ。
その味付けがいまでも新鮮でとかく暗くなりがちなコロナの日常の清涼剤となる。

ブログ村に参加しています。ランキングのクリック、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

新型コロナ感染症ワクチン接種計画の現況

河野氏がワクチン担当大臣となったことをきいたとき、唐突な感じがした。これは失敗できないプロジェクトを与えることによる菅氏による河野潰しの一貫かと思った。成功したら任命者の手柄、失敗したら、河野氏の失態、どうころんでも菅氏の責任は直接には問われない。

ワクチン確保計画は破綻寸前!? 河野ワクチン担当大臣周辺や各省庁の不協和音 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) を読む。
強固な情報統制をしいている河野大臣と各省との確執を如実に描いている。
ワクチンの入荷時期を公表しないのはできないからということが窺える。

イスラエルとの違いは明確に書かれている。こう書かれている。
契約時期が変わったのはファイザーから『厳しい』と言われたから。それでも必死で交渉し、なんとか『年内』という言葉を入れた。イスラエルのように相場より高く買ったり患者のデータを提供したりと交渉の余地はあったはずだが、承認手続きや薬害、副反応のリスクを考えてどうしてもおよび腰になり、最終判断が遅れた。ファイザーはなかなか決断できない日本を横目に、他国にワクチンを回すようになってしまった。
正式契約が遅れたのは厚労省の担当だれだったかと思っていたが、2ページに書かれている。
河野氏が担当大臣となる以前、ワクチン確保を所管していたのは和泉洋人首相補佐官や、和泉氏と「コネクティングルーム不倫疑惑」が報じられたこともある厚労省の大坪寛子審議官らを中心としたチーム。
うまくいかなかったこと、納得。

供給時期がはっきりしないことについては関連記事の2ページにこう書かれている。
日本が結んだ契約は供給期限や供給量などの大枠しか定められておらず、他国が結んだ契約のように、途中段階の供給量や時期など細かな決まりがない。そのため次回以降の見通しを立てようがないのです。
契約を重んじない日本だからこそ、今の先進国で最もワクチン接種が遅れた状況になっているといえる。
あまり遅くなると変異種が蔓延し、肝心のワクチン効かなくなるということになるのでは懸念する。

中国・湖北省のコロナ死者数は過少 ?

中国・湖北省で年金受給者が激減「コロナ死者数を過少発表の疑い」…米政府系ラジオ : 国際 : ニュース : 読売新聞オンラインを読む。
「昨年1~3月、80歳以上の年金受給者が15万人減ったことを示す当局資料などに基づき、同時期の新型コロナによる死者数の発表が過少だった疑いがある」というラジオ・フリー・アジア(英語: Radio Free Asia、略称:RFA)の報道を伝える記事だ。

中国にも年金があるというのもちょっとした驚きだった。

WikipediaによるとRFAは「ラジオ・フリー・アジアは1950年代に反共プロパガンダ作戦の一環として中央情報局の資金によって設立された」、「制作資金もアメリカ合衆国議会から出資される」とのことだ。

今回RFAのことを初めてしった。